『月氏幻想ーセレスの見た夢ー』2010年9月13日「スイートベイジル」コンサート

秦琴:深草アキ
笙 :豊剛秋(ぶんのたけあき)
編鐘:孟暁亮(モンシャオリャン)
パーカッション:甲斐いつろう

紀元前3 世紀頃のシルクロードの交易を担っていたのは遊牧民族の月氏(げっし)と云われた人々でした。彼らは当時、タクラマカン砂漠の南に位置していた、于闐(うてん・コータン)と云われた都市国家から、玉(ぎょく)を掘り出し中国に運びました。そのことから、中国の人たちは彼らを「玉(ぎょく)の民」とも呼んでいました。彼らはその玉(ぎょく)の見返りに絹を手に入れ、その絹はシルクロードを超えて遥かローマにまでもたらさ、西方の人達は彼らのことを、「絹の生産者」を意味する「セレス(seres)」とも呼んでいました。この「月氏」は匈奴に追われ、今のアフガニスタンの北方に「大月氏」と云う国をつくりました。そこからクシャーナ朝が生まれたと云われていますが、この月氏からクシャーナ朝そしてササン朝ペルシャにかけての、中国の文化に及ぼした影響は、「秦琴」という楽器の歴史に多いに関係があると思われるのです。そんなイメージを曲にしてみま した。